ご入院される方へ

入院手続き

⭐︎各部署 医療相談室の案内もご参照ください

入院の準備

​原則、外来診察において、担当医が入院を必要と認めた時に、入院決定となります。他院からの転院の場合は、当院医療相談員に連絡の上、ご相談ください。

面会時間など

​原則、11:00〜19:00ですが、諸事情によって変更となります。ご了承ください。


★同室の方の療養の妨げにならないようお願いいたします。

★病状などにより面会をご遠慮していただく場合があります。

★面会時、病棟へ入室、退室の際は、必ず備え付の消毒液で手指の消毒をお願いいたします。

★当院では、患者さんのプライバシー保護と治療環境の保持を重視しています。

★当院では患者さんのプライバシーを守るため、原則、お電話での入院案内 、病状照会へはお答えしておりませんのでご了承願います。

★当院では抵抗力が低下している患者さんを守るため、病院内にばい菌(病原体)を持ち込まないための対策を行っています。生の植物や土、ドライフラワーなどの病室内持込はご遠慮願います。また、餅や生もののお持ちこみもご遠慮いただいております。

その他

  1. 喫煙は病院敷地内を禁止しています。​入院中は、一日2回、時間指定、本数指定としています。

  2. アルコール類の持ち込み飲酒は禁止しています。

  3. 携帯電話の使用は指定した場所以外は使用できません。入院時の持ち込みは、禁止とします。

  4. ​各病棟に公衆電話があります。

  5. 患者さん、ご家族からの贈答品を戴くことは固くお断りしています。

  6. 入院患者さんが外来待合室でテレビを見たり、長椅子に横になったり等の行為は禁止しています。

  7. 自家用車や自転車等を持ち込んでの入院は禁止しています。

​入院が、決まりましたら入院に必要な諸手続きや、入院時持ち込み物など、一覧をお渡しいたします。

入院時にご用意頂くもの

★健康保険証、診察券

★高齢者医療受給者証、その他の受給者証​​

★印鑑(入院形態により必要になります)

★生活用品(衣類、履物、日用品など)
※入院される病棟によって違いがあります。一覧表を配布いたします。

転倒・転落の予防

入院生活は、住み慣れたご自宅の生活環境や習慣とは異なります。「いつもの生活」とは違いがありますのでご注意ください。


病院はベッドの生活となり、床は畳やフローリングと比べて、硬い材質を使用しています。転んだり、ベッドから転落すると骨折などのケガを負う場合があります。

ベッドからの転落や転倒を防ぐために、ベッドの高さを低くしたり、ベッド柵を使用することがあります。また、ベッドや車椅子からの転落や転倒の危険性があるなど、やむを得ない場合は、安全ベルトなどによる身体拘束を行う場合もあります。

低いベッドでも危険と思われる場合は、マットレスや畳の上で休んでいただく場合もあります。

 

​また、治療中に以下のようなことが起こることもあります。
★体を動かした時のふらつき。
★身体の動きがわるい。
★いつも出来ていた動作が出来ない。
★歩行に自信がない場合は、無理はせず、看護師をお呼びください。

はきものについて


★作業療法時には、軽いスニーカーやバレーシューズなどの動きやすい、履き物を院内用履き物とは、別にご用意ください。

​⭐︎院内用履き物も薄いスリッパではなく、滑りにくいものをお願いいたします。

※転倒・転落された場合は、すぐ看護師にお知らせください。

お薬の確認について

他の医療機関からお薬をもらっている方は、事前にお薬の内容に関する紹介状をご用意いただきますようお願いします。

入院前からお飲みになっているお薬は、入院中の病状や治療内容により変更または中止していただくことがあります。一般売薬や外用薬、健康食品・サプリメントを含め、医師又は担当看護師にお知らせください。「お薬手帳」をお持ちの方は一緒に提出をお願いします。

健康補助食品・サプリメントは、当院院長の決裁後に使用可か否かを決定します。当院には、管理栄養士が、一つ一つの栄養素をこと細かに検討して食事を提供しております。院内の給食にて、十分な各種類栄養素摂取可能です。

入院案内
Hospitalization

Copyright 2014-2016(C) NATORIKUMANODOU HOSPITAL. all rights reserved.    名取熊野堂病院 

〒981-1241 宮城県名取市高舘熊野堂字岩口下68番地の1    Phone:022-386-2131  FAX:022-386-2133